>

日本一周?すまんオカンちょっと行ってくる

ホンダXR230で神戸からとりあえず北の国へ目指す

西表島のキャンプシリーズ1

f:id:okantooton:20190209220800j:imageまたまた西表島

f:id:okantooton:20190209221722j:image
f:id:okantooton:20190209221756j:image今回は彼女と2人で

前回のブログで書いた同じ場所の南風見田のキャンプ場へ

バス停から20〜30分と思いきや、荷物の重さ、日差しの暑さもあり1時間近く歩く…

着いて速攻でテント建てて

f:id:okantooton:20190209222322j:image入ろうと思えば季節おかまいなしに入れる沖縄の海に

まー11月以降はさすがに寒いが…。笑

でも汗だくの後の海は最高

f:id:okantooton:20190209223342j:image風呂の準備もちゃきちゃきと済まし、たまらん風呂でさっぱりして

f:id:okantooton:20190209223607j:imageおなべ〜
f:id:okantooton:20190209223553j:image

彼女は初めてのキャンプだということで

嫌な思いをしてないか心配しましたが楽しんでもらえててホッとする

 

ただ…心休まらない事件が1件

f:id:okantooton:20190209224613j:imageハブが出た

テント近くから土がもそもそ〜っと盛り上がり

「?」

僕はガン見してたらまさかのヘビ

ビビって離れてヘビ見たらハブ

何度も見返してもハブ

どっからどーみてもハブ

テントから離れてくれて良かった…

他のキャンパーにもハブ出現伝えるも、みんなでカメラ構えて近づかないでハブの写真を撮る。笑

f:id:okantooton:20190209224514j:image後は危なくないけどメシ食ってる横をカニさん通過。笑

 

f:id:okantooton:20190209225758j:image

良くも悪くも深い自然がある西表島は魅力がたくさんあると感じ、そして光害のない星空はキラキラしていた。

 

キャンプの朝は早起き

f:id:okantooton:20190209230657j:image

 

f:id:okantooton:20190209232024j:image僕らの近くにテント張ってたイワンの朝の弾き語りを聴き
f:id:okantooton:20190209231839j:image

本日の目的はピナイサーラの滝へ
f:id:okantooton:20190209232134j:image

f:id:okantooton:20190215193817j:image
f:id:okantooton:20190209231912j:image

以前ピナイサーラを目指した時は散々道に迷い、危うく迷子になるとこだった。

てか迷子。

今回は大丈夫。道もしっかり覚えていて

あっさりとピナイサーラの滝へ着いた

f:id:okantooton:20190210000048j:image
f:id:okantooton:20190209235930j:image

f:id:okantooton:20190215194008j:image泳ぐと最高。
f:id:okantooton:20190215193947j:image

西表島の自然にどっぷりハマり

f:id:okantooton:20190215194406j:image

南風見田のからおなじみの朝日を浴び

楽しいキャンプを終えました。

 

せっかくレンタカー借りてるので

西表島には昔炭鉱があったそうな

リュウドゥの滝へ行く船乗り場を無視してまっすぐ行くと炭鉱跡地に行けます

 

その炭鉱は強制労働があり、坑夫たちの逃亡、死ねば周辺に埋められる。もう無茶苦茶。

f:id:okantooton:20190215195137j:image
f:id:okantooton:20190215195113j:image
f:id:okantooton:20190215195203j:image
f:id:okantooton:20190215195053j:image

跡地は時間が止まったように周辺にはガレキや瓶などが散乱してるけど

木はそんな歴史を覆いながら時が流れてるのを感じる。

 

f:id:okantooton:20190215200220j:image
f:id:okantooton:20190215200228j:image
f:id:okantooton:20190215200250j:image

天気良くって最高だね

また、次回更新も西表島

 

 

 

行き当たりばったり西表島パート2

f:id:okantooton:20190114180227j:image

南風見田の浜から朝日を浴びる
f:id:okantooton:20190114175825j:image

f:id:okantooton:20190114180718j:image

浜には変わった岩が沢山ある。

バークーヘンみたいな模様の岩が沢山ある
f:id:okantooton:20190114180744j:image

 

テントに戻り朝ごはん(お互い残った食材)を作り飯を食べ、タイキくんとはお別れしました。

 

僕は由布島を目指します。

彼は新しくキャンプする場所を探しに、西表島の西にある船浮の地区へ

彼との出会いは西表島の時間をステキにさせてくた。

よくある言葉を使えば出会いに感謝。

いつかまた会うと思います。4ヶ月経った今でもよく連絡を取り合って。次会う時がとても楽しみ。

 

して僕は由布島を目指します。本音は今日の夕方帰る段取り考えたら由布島が精一杯かなと。

f:id:okantooton:20190114183038p:image

こりゃバスかな。テントとか荷物あるし。

と思い、港までゼーゼーとチャリ漕いで

バス停行ったものの…??

待ち時間が3時間

いやー下調べの甘さが浮き彫りに。笑

バス停横の売店のおねーさんに交通手段(安く)無いかと聞いてもなさげ…

f:id:okantooton:20190114183937p:image……とおっ

 

おねーさん、親身に色々考えて頂き

でもやっぱない

 

「荷物預かりますよー」

せめてもの気持ちに感謝

 

だからなのか?笑

「よっしゃチャリで行ってきます」

 

で、身軽になってもブレーキ引きずって

変速機は壊れたHIのままのマメチャリで僕は全力おじさんになりました。

 

f:id:okantooton:20190123143746j:image天気もまずまず

 

でもめっちゃ遠い

 

休まず、全力、立ち漕ぎ

坂坂坂と…

f:id:okantooton:20190123144031j:imageそーいやいつまで経ってもヤマネコが見つからないのが残念。一目見れたらいいのに。。捕まえてペットにしてやるとか言わないから出てきてw

 

そして1時間30分経過後

由布島へ渡る牛乗り場に着きました

f:id:okantooton:20190123144651j:image不思議な景色ですよね

西表と由布島を結ぶのは水牛車。

ゆらゆらと水牛さんのペースで渡ります。

到着後もすぐに由布島へ渡り

 

着いて早々に、花飾りの輪っかを首に持ってきて何やら凄い歓迎ムード。来た人達に最初はスタッフの笑顔と大きな明るい声で応対してるみたいだ。

島が亜熱帯植物園みたいだけど、島民はいるのかな?

f:id:okantooton:20190208211602j:image
f:id:okantooton:20190208211757j:image蝶々園や石垣島にも飛んでいるオオゴマダラ
f:id:okantooton:20190208211654j:imageリュウキュウアサギマダラ
f:id:okantooton:20190208211751j:image
f:id:okantooton:20190208211719j:image
f:id:okantooton:20190208211629j:image

f:id:okantooton:20190208212712j:image
f:id:okantooton:20190208212741j:image

ホント島がまるまる動植物園

ヒラヒラと蝶が舞い

花がキレイに道を彩る

とてもステキな由布島でした。

f:id:okantooton:20190208215424j:image帰りはお兄さんと三線を聞きながら、ゆらゆら水牛さんと西表島

 

帰りもしっかりチャリンコを

爆コギで

無事船に乗りまして石垣島に戻り

f:id:okantooton:20190208220154j:image

石垣島でよく夕陽を見る場所へ
f:id:okantooton:20190208215953j:image

 

ステキな西表島の2日を過ごせました

 

 

ここからしばらく西表島へ行く機会が増えました。それについてはまた書きます

 

 

沖縄 石垣島から その2 〜行き当たりばったり西表島パート1〜

何でも楽しく過ごせて、充実していたかというと…

 

退屈な日が多いっていう。

 

バイクが無いのが大きな負担になってる

何して遊んだらいいのかよく分からん

バイトもしつつも時よりうわの空というか…抜け殻というか…

石垣島に来て暫くはマジやばかった

 

ですが、楽しい出会いがあったり見出したりと行動する日もありました。

 

(時は遡り10月下旬)

明日は休み2連休。1人で

西表島にキャンプ行っちゃうかと

トレッキングも兼ねてしようと思い

 

いつ行くの?今でしょ。笑

 

などと、思い立ったら吉日

ノリだけで愛車のマメチャリを駆り行きました。笑

f:id:okantooton:20190112212723j:imageテントと島ぞうり縛りつけ

リュックにはキャンプ道具だのなんだの苦痛の重量を背負い

西表島の北の方ではキャンプを以前した事があるので今回は南にある南風見田へ

f:id:okantooton:20190112213325p:image

想像よりも

港からクッソ遠い

 

f:id:okantooton:20190112214208j:imageこっから南風見田までまだまだ距離があり、存在に有り難くもなく

暑い…暑い…と口から念仏唱えながら

畑とサトウキビ畑しかない道を港から1時間

南風見田キャンプ場へ

(後から知ったけど日本のキャンプ場では最南端。キャンパーの聖地だとかなんとか)

f:id:okantooton:20190112213931j:image久しぶりマイテント

他にもテント張ってるのを見て

東屋に人がいるのを見て挨拶がてら話かけました。すると…

f:id:okantooton:20190112214631j:image

彼「貰い物で何の魚か分かんないっすけど、炒めてみてるっすけど食べます?」

 

あっこの人絶対面白い奴や

 

第一印象変わった奴だと思ったけど

俺も変わってた。笑

(魚は美味しゅう頂きました)

 

暫く談笑してすっかり意気投合して

彼のその時面白かったのが

今日も明日も予定ない

これから何しよう

 

じゃあトレッキング行くか!?

 

と得意の道連れをしてユツンの滝へ…!!

f:id:okantooton:20190112225330j:image彼もチャリンコ

だけどもユツンの滝まではかなり距離があり、チャリではあまりにも遠い(島半周ぐらい)

レンタルバイク125ccでも借りて2人乗りで行こうと決め港まで行った。

(後々考えたら、彼に会わなかったら私は一体どうしたことやら)

 

で港まで行きレンタルショップにあたったものの

 

西表島には50ccしかないって

125ccクラス持ってる人も少ないとか

 

どーしようもないのでバイクか車か、折半した際の金額を天秤にかけて、18時までの貸し出しだけど車が安かった。

 

さぁユツン滝へ…!

でも彼、タイキくんにも言ったけど

入口が大体どの辺かしか分からんから。笑

不安もありながら陽気に2人は向かいました

上原港まで向かい、飲み物食べ物を調達するため暫くドライブ(大原港から向かう途中に店ぐらいあるだろと思ってたけどなかった)

f:id:okantooton:20190112231516j:image

海中道路から見えるピナイサーラの滝

f:id:okantooton:20190112231535j:image仲良く見えたマングローブ

せっせと買い物済ませ、ユツン滝へ向かうルートの入口へ

情報ではユチン橋の近く…という事だけ

 

ぜっぜんみつかんない。笑

 

15分ぐらいか手分けして探し、入口を見つけ時間に急かされながらも(すでに14時半)

トレッキングへ

f:id:okantooton:20190112233051j:image
f:id:okantooton:20190112233119j:imagef:id:okantooton:20190112233224j:image

かなり速いペースで2人は歩く。登山道の道標を探しながら。

でもすぐ道に迷う。笑

 

f:id:okantooton:20190112233943j:image

道中、道に迷うおじさんを拾う。笑

後から聞けば、夜に昆虫採集する為の下見に来たって。

 

あっちか?こっちか!?行き当たりばったりの3人

 

そして無事に

 

f:id:okantooton:20190112234700j:image

着いた時、3人は心の底から喜んだ

何故か3人握手を交わしたり
f:id:okantooton:20190112234652j:image

ここで食った飯とタバコは美味かった

 

おじさんは先に下山して

私達も少し落ち着いたのち出発しました

 

1時間半来た道を戻り

泥まみれながら無事下山しました。

晩飯の買い物を済ませて

レンタカーを返してチャリで戻る予定でしたが、レンタカー屋さんがチャリを車に積んでキャンプ場まで送ってくれた。

 

僕らの南風見田の夜はアツかった

 

キャンプ場には風呂がありました。

 

ドラム缶の五右衛門が

 

f:id:okantooton:20190113000628j:image

2人で木を拾い集め、水を溜め

沸かしてる間に

f:id:okantooton:20190113000837j:image

もう一組キャンプに来ていた外国人の夫婦と談笑しました(タイキくん英語ペラペラだった)

 

湯が湧き

 

f:id:okantooton:20190113000856j:image
f:id:okantooton:20190113000903j:image

気分は上昇しっぱなし。私は沖縄に住んでから初めての湯船。

いい湯だな〜っと!

 

飯を済ませて

南風見田の浜まで歩き

f:id:okantooton:20190113002037j:image

 

波照間島の空に輝く月を見上げ充実した日を過ごす事が出来ました。

 

 

 

 

沖縄 石垣島から その1

どーも

お久しぶりの更新です

ついつい、また今度更新しよを繰り返し

ヤル気スイッチが切れたまんま

 

とは言えそれなりに楽しい日もあり

ぼちぼちのんびり生きてます

 

f:id:okantooton:20190104015637j:image
f:id:okantooton:20190104015648j:image
f:id:okantooton:20190104015643j:image
f:id:okantooton:20190104015632j:image

8月末に夏の波照間へ
f:id:okantooton:20190104015626j:image
f:id:okantooton:20190104015620j:image
f:id:okantooton:20190104015616j:image

生き物が自然がとても沖縄を感じさせます。

9月末には久米島へも行きました

f:id:okantooton:20190104020632j:image
f:id:okantooton:20190104020605j:image
f:id:okantooton:20190104020559j:imageはてのはま
f:id:okantooton:20190104020725j:image

9月末でも暑いのなんの

日焼けしすぎで茹でたタコみたいに僕らは赤かった
f:id:okantooton:20190104020719j:image
f:id:okantooton:20190104020702j:image

久米島だけの話ではありませんが

久米島ヤジャーガマへ 

いわゆる鍾乳洞

かつては風葬を行われており、洞窟内にはビンやツボに人骨が数多く安置されていました。
f:id:okantooton:20190104020747j:image
f:id:okantooton:20190104020715j:image
f:id:okantooton:20190104020639j:image

あまりの神秘?言葉に表すのが難しい。立ち尽くしてしまいます。
f:id:okantooton:20190104020708j:image
f:id:okantooton:20190104020741j:image

 

f:id:okantooton:20190104021445j:image

日本のいろんな所を沢山見てきたと言ってもまだまだ知らない景色や場所があり、少しづつ、ココロの財産を増やしていくのが楽しみ。

 

f:id:okantooton:20190104022740j:image

石垣島の北部のある東屋でよくデイキャンプみたいな。外で食べるメシはやっぱ美味いとホント思う。
f:id:okantooton:20190104022745j:image
f:id:okantooton:20190104022749j:image

天候に恵まれた夜はキレイな星の数

 

少しづつ、新しく何かをしたいと、よく思う。今後どうなりたいかよく考える日々…

 

 

 

8/26〜29 ゴールはまだまだ先にある

8/26

 

 

f:id:okantooton:20181007011705j:image

僕らは朝からゴキゲンだった

短パンタンクトップのアニキがSR500で朝メシを買いに行き

「バイク最高に気持ちええわ!」

の名言と共に朝メシを買ってきてくれた

 

f:id:okantooton:20181007011947j:image

歩いてスグの本州最南端碑

達成感からのでっかい自己表現

 

f:id:okantooton:20181007012602j:image

共に行動
f:id:okantooton:20181007012618j:image#橋杭岩のマネ
f:id:okantooton:20181007013150j:image

f:id:okantooton:20181007011956j:image

そして和歌山の海はキレイだった

海がキレイな、北海道やら沖縄やら、また違った美しさがあった。

バイクだと五感は全力で働き、原動機が更に前へと気持ちと進み目まぐるしい。

近県だけどあまり来たことがなく、普通の旅行や、昔にツーリングで来たことがあったけれど、改めて和歌山の海岸線沿いは最高だった。

 

和歌山の有名な滝  那智の滝

f:id:okantooton:20181007015602j:image
f:id:okantooton:20181007014538j:image
f:id:okantooton:20181007014547j:image

 

そしてその後、2人と僕は別々の道を

 

「三重来たら絶対連絡して」

「ありがとな、最高の時間を過ごせたわ」

「また一緒にキャンプしたいな〜」

 

僕もそう思う。

 

 

f:id:okantooton:20181007020650j:image

ついでにというか、行きたかったなのか

熊野古道の定番ルートを歩きました。

f:id:okantooton:20181007020946j:image
f:id:okantooton:20181007023806j:image
f:id:okantooton:20181007024811j:image
f:id:okantooton:20181007024820j:image
f:id:okantooton:20181007022703j:image
f:id:okantooton:20181007021006j:image
f:id:okantooton:20181007021025j:image

 

霧がかかり幻想的なイメージがあったけれども、晴れてるに越したことはない。

一段一段、道を見つめ汗をかきながら歩幅を進めて先にある神社へ

f:id:okantooton:20181007025411j:image

熊野那智大社
f:id:okantooton:20181007025433j:image
f:id:okantooton:20181007025454j:image

お参りを済ませ

f:id:okantooton:20181007025821j:imagef:id:okantooton:20181007025930j:image

 

さぁ神戸に帰ろう

 

f:id:okantooton:20181007030521j:image

和歌山の海岸線を走り続け

神戸までの距離に嘆き

 

よく知った景色が見えた時、安堵感が身体を包み羽が生えたように身体が軽くなったような気がした。

 

そして最後に

f:id:okantooton:20181007031442j:image

好きな街は変わらないいつもの姿を見せ

久しく見る姿に嬉しい気持ちが込み上げ

 

pm 09:40  

名古屋から北海道と周り7030キロの距離を経て神戸に無事帰れました。

 

でも

 

僕はまたすぐに新しい旅立ちを迎えます

帰ってやらなきゃいけないことを最低限済まし

 

f:id:okantooton:20181007032347j:image
f:id:okantooton:20181007032405j:image
f:id:okantooton:20181007032342j:image

 

不安と期待を両手に

 

石垣島

 

f:id:okantooton:20181007032946j:image
f:id:okantooton:20181007032952j:imagef:id:okantooton:20181007033231j:image

この島を良く過ごせるか分からないけど

 

それはまた次回の更新時に

 

 

 

 

8/24〜25 遠く離れた先には何かある

8/24

朝9時  絶賛台風通過中

テント底から滲む雨

濡れた服

テントの前もテントも泥まみれ

 

もうすでにヤル気なし

 

雨が止むのはいつになるやらと待ち気づけばお昼。

もやもやとかかる霧に雨…

心を無にして、ずぶ濡れになりながらテントを畳む

 

麓に降りたら雨は止んでだ。

 

しかし心は曇ったまま

相変わらずヤル気なし。笑

 

近所のおっさんに捕まり長々と話す

もう昼過ぎ。この調子で26日神戸に帰れるのか…

 

しかも

 

風呂入りてぇ

 

 

f:id:okantooton:20180907173916j:image草津に来ました

 

f:id:okantooton:20180907174134j:image

硫黄の香りがそそります

温泉巡りをして

 

f:id:okantooton:20180907174306j:image

やっぱここは行っておかないとね

f:id:okantooton:20180907180330j:image

あーこれ持って帰りたい

激アツ45℃以上の湯船も

鍛え抜かれた?身体だと余裕で肩まで入る

暫く居着き、更に動く気を無くす。笑

 

 

f:id:okantooton:20180907182343j:image

泥臭いテントと雨臭い衣類をあちらこちらで干し、草津でキャンプ

 

この調子で26日に神戸?真っ直ぐ帰る?違うなぁ

 

メリハリ的な何か…バシッと走る

 

じゃあ明日

和歌山行くってヤバい?

下道だと非現実的な距離

でもあーだーこーだ考えるのとシラけやすい自分。

 

朝早く起きれたら行こう。

起きなかったら真っ直ぐ帰ろう。

テントから頭だけ出し、空を見ながらそう決めた

 

8/25

AM 04:00 起床

f:id:okantooton:20180913000610j:image

もう少し早く起きたかったけど無理だった。でもこの時間なら

和歌山行くっきゃないよね


f:id:okantooton:20180913000633j:imageキャベツ畑から朝陽を見る

 

しかし草津の隣の嬬恋付近にて

予報じゃ晴れ

天気予報は大ウソ

ずーーっと雨

 

f:id:okantooton:20180913001923j:image

一瞬だけ晴れて、走る先に虹が見えた時は嬉しかった。

結局愛知に入るまで雨は降り

愛知の車の数と忙しさに揉まれ疲れを感じ、とりとめもなく南下する

 

群馬〜愛知〜三重と渡り

念願の和歌山へは夕方に入り

 

でも行くなら

本州最南端

って決めていた

でも和歌山って言っても大きい

f:id:okantooton:20180913003030j:image見えない所で陽は沈み、月が海から見えていた

 

和歌山入ったらどこで泊まってもいいだろと頭の中では分かってて

どうして、よりによって一番遠い最南端を目指したのか分からない。

バイク乗りだからそんな選択を選ぶんだろ。

 

月明かりと寂しい街灯に照らされた海岸線沿いを走り

 20時頃に本州最南端 串本町 潮岬キャンプ場に到着

 

しかし残念なことにキャンプ場が人でいっぱい…

 

でも同じバイク乗りのおじさん達と仲良くなりテントも隣同士に建てることができ

 

 

更に

 

飯と酒を沢山頂くという

 

 

f:id:okantooton:20180915235643j:image 

三重県から来られた優しいおじさん達でした。

草津から来た話をしたら驚いていた。

歳は離れてますが、友達のように気さくで楽しく。疲れた身体でも時間を忘れ、日付変わってもバイクの話に夢中になっていた。

三重に来たら是非遊びに来てと言われ、連絡先も交換し嬉しかった。

 

そんな最終日の前日、最南端での出会いがあった1日。

 

時々、人との出会いに恵まれた日を感謝する。

でも明日でそれは終わりを迎える。

旅の終わりと新しい事に思いを募らせて眠った。

 

 

 

 

 

 

8/20〜23 早いやら遅いやら進まないやら

8/20 大間

 

f:id:okantooton:20180829014739j:image

テントの前にはタダ飯待ちの彼がいた

 

f:id:okantooton:20180829014904j:image

焼き鳥にするぞ?

 

もちろん焼きませんが愛情をもって追い払いました。

 

f:id:okantooton:20180829015149j:image
f:id:okantooton:20180829015153j:image

さて後は帰るだけだ。

とか考えつつ、十和田湖方面へ向かう

 

そしたら

f:id:okantooton:20180829015714j:image
f:id:okantooton:20180829015717j:image

なんだここは

 

となる程、自然の癒しの空間があった。

奥入瀬渓流」という場所

f:id:okantooton:20180829020130j:image森の道と渓流がある。何がどう凄いとか言い表わせないけど、正確な時計とここで流れる時間は噛み合わない程に穏やかだった。

 

道なりに進めば十和田湖

f:id:okantooton:20180829021121j:image
f:id:okantooton:20180829021118j:image

 

f:id:okantooton:20180829021244p:image秋田に進み、乳頭温泉目指すも時間外で間に合わず

 

稚内から斜里まで一緒に過ごした友人と連絡を取り合い、彼は茨城県。遊びにおいでーって。

 

とりあえず明日は茨城へ行くか

 

8/21

 

まぁ秋田から茨城まで遠いよな。

 

f:id:okantooton:20180829021806j:image
f:id:okantooton:20180829021808j:imagef:id:okantooton:20180829021810j:image

喜多方ラーメンを経由

源来軒に行きたかったけど定休日

違う人気のお店。16時でも人沢山。でもこちらのお味は…普通だった

 

死闘のよう走り

f:id:okantooton:20180829022611j:image
f:id:okantooton:20180829022622j:image

天国のような美味い飯を頂く
f:id:okantooton:20180829022615j:image
f:id:okantooton:20180829022618j:imageお父さん

 

優しく布団を用意してくれていて心地よい眠りになりました。

 

8/22

今日出発しようかと思ってたけど…

風邪が治らん

鼻水、咳、身体は全力で出発を拒否する

 

で、薬を飲み茨城を車でぶらりすることに

f:id:okantooton:20180829065027j:imageデカイ大仏を見に行くと聞いてたけど…

f:id:okantooton:20180829070521j:imageそりゃデカイわ
f:id:okantooton:20180829070527j:image
f:id:okantooton:20180829070524j:image牛久大仏

よし私も大きな人になろう。髪型は全力で拒否するけど

 

中の拝観もできる

f:id:okantooton:20180829071105j:image
f:id:okantooton:20180829071115j:image
f:id:okantooton:20180829071111j:image
f:id:okantooton:20180829071108j:image

f:id:okantooton:20180829071339j:imageたのしたのし

 

f:id:okantooton:20180829071520j:image鹿島神宮にも足を運び
f:id:okantooton:20180829071523j:image
f:id:okantooton:20180829071538j:image
f:id:okantooton:20180829071534j:image
f:id:okantooton:20180829071527j:image

汚れた心が浄化される気になる
f:id:okantooton:20180829071531j:image

 

f:id:okantooton:20180829071905j:image

彼といる時間はいつも楽しくなる。

夜も遅くまでつい起きてしまう楽しい時間を過ごせた。

明日出発だ

ついズルズル過ごしてしまう。

 

でも台風が接近してる

 

8/23

f:id:okantooton:20180831005030j:image

f:id:okantooton:20180829100356j:image

 

彼との出会いは良かった。私が知らない事も沢山知っていて、色々と視野も広がる。

 

して、台風が直撃する手前まで行ってキャンプできんじゃないかと進んだけど…??

f:id:okantooton:20180831004928p:image死ぬ

 

群馬の赤城山周辺  暴風  暴雨  真っ暗

最低な状況の中テントを張り、ずぶ濡れのまま夜を過ごす

久しぶりに、眠るのに恐怖があった。銀マットの下は浸水

f:id:okantooton:20180831005851j:imageテントもさすがの暴風豪雨の状況に悲鳴をあげていた。

ビビりながらも薬飲んで湿っぽい寝袋で寝る。祈りを掲げた。

 

明日生きてますように。