>

日本一周?すまんオカンちょっと行ってくる

日本一周後 縁?訳?あって現在西表島住まい

日帰り波照間島

10/3

波照間島エクスペディションシーカヤック

日帰り。

レーニングを目的とし、凪のような風が無い日ではなくあえてある程度の風が吹き、海が少し荒れる環境を選んだ。

f:id:okantooton:20211116155939j:image

西表と波照間の間は水深がある。他の周辺離島と比べ起伏も多くうねりの大きさや流れも変化が出やすい。

海の力には必ず負ける。。どこまで向き合えて耐え戦えるか、自身の身の丈にあった内容を遂行することが今回のテーマだった。

いずれ計画段階の本州で長距離を漕ぐ時の為…

 

早朝、3時前後に起床。

とりあえず天気予報の再確認。

早朝から昼前まで北東風の風速3〜5m

 12時頃から更に強まり東風の風速6〜7m

実際は更に吹くだろう。

 

4時過ぎに南風見田の海岸に着いた。まだ海に浮かんですらいないのに高揚感と緊張感が高まっていた。長距離や大きな事をする時には限って感じることだ。

海岸手前の森の中、車を降りてヤシガニが足元にいた時には驚いて運転席に飛びついてしまった。心臓が喉から飛び出すかと思うほど驚いた。

夜中の海岸手前の森は苦手だ。車から荷下ろし途中、ボンネットにこっちの巨大ゴキブリが目に見えた時には、頼むから飛んでくるなと(下から上にも飛ぶ)熊から逃げる人みたいに後退りでビビっていた。

 

準備も一通り終えて、海を前に、遠く先に灯台の灯りがおぼろげに見ていた。もう少し、朝焼けの空かと思っていたけど、真っ暗だった。

深呼吸をして

AM05:00

漕ぎ始めた。真っ直ぐ灯台に向かって。月明かりが何となく波照間まで続き、光に照らされた海を落ち着いた気持ちで漕いで進む。

夜の海にカヤックを乗った経験が少なく、被さる波などないか耳を澄ませながらパドルの水を持ち上げる音だけが聞こえていた。

 

f:id:okantooton:20211116165031j:image

f:id:okantooton:20211116164950j:image

やっと、遠くに見える波照間の島全体を視認することができた。

 

風が背中から、北東の風が押してくる。

4mぐらいだろうか。

振り返ると西表は遠く先となり、背中で感じていた風を前から受けると、風が手の平で掴めそうなほどに吹いていた。

AM 08:00
f:id:okantooton:20211116165110j:image

太陽も上がり海から反射した光が顔を炙る。

海の味がするおにぎりを頬張り

空を見上げれば、晴れ渡った眩しい空にアジサシやカツオドリが頭の上をぐるぐる飛び回り、蝶が風に乗って鳥と同じ、南の島に飛んでいく。海にはトビウオがあちこち風に乗って跳ね回り、それに向かって鳥は海に飛び込む姿。

カヤックは海のリズムに合わしたパドリングで、自分自身も海の一部に溶け込んでいった。

海底の起伏も大きくなり小さな三角波が目立ってきた。外洋がもう少しで終わる。

 

目前近くまで迫った波照間を目指す。ゴールはニシ浜だ。

f:id:okantooton:20211117010720j:image

航路避け、ニシ浜に向けて進路を合したつもりで漕いできたが、思ったより西に進んでいた。

海側から見たら左右横に伸びた島に見え、ニシ浜は思った以上に中心寄りだった。

ニシ浜の海岸は太陽をギラギラ反射して眩しい砂浜に人が点々と見える。

 

「もう少し、もう少し。」

 

外洋とリーフとの切れ目にサーフが立ち並んでいたが、リズムを合しカヤックサーフィンをして浅いリーフに飛び込む。

はたから見たら笑顔のずぶ濡れカヤッカーがどこからともなく漕いで来るように見えたろうか。

透明の波照間の水色のリーフは珊瑚と海底の砂がキラキラと輝き、美しさへの嬉しさに顔は綻んでいた。

AM09:00

漕行時間 4時間

漕行距離 30キロ

眩い砂浜に着き、カヤックは砂浜に上げ、海に浸かり身体を目一杯背伸びする。身体は調子いい。

f:id:okantooton:20211117121910j:image


f:id:okantooton:20211117121826j:image

観光の人が集まり、写真撮ってくれた。
f:id:okantooton:20211117121936j:image
f:id:okantooton:20211117122009j:image

港の売店行ってアイスとステッカーなんて買い

防波堤に立ちアイスをわしわし食べながら

漕ぎ渡った西表からの海を見渡す。

 

f:id:okantooton:20211117125326j:image

白…

 

AM10:30

観光の人達に会釈をしつつ、青い外洋に向けカヤックを漕ぎ始めた。

波照間の防波堤を過ぎ、東から強い風がきている。手を止める事ができない海だった。

 

どれほど時間がかかるだろう。

 

行きの時速と時間から、倍の時間の計算を予想していた。

リーフを過ぎれば真っ青な青の世界が広がっていた。時折太陽の光の束が海底深くに沈んでいくの見下ろし、気が遠くなる程の深い海の表面を霞み遠くに見える島に向かうカヤックは木の葉のようゆらゆらと。。

f:id:okantooton:20211118104031j:imagef:id:okantooton:20211118104601j:image

砕けたうねりが胸の辺りを撫でてくる。

常にデッキの上には飛沫と波が乗る。

海でビダビダになったおにぎりを食べる。一口噛み付いたら、PFDの胸ポケットにしまう。手を止めると自分が漕いだスピードよりも早い流れで流されていく。

 

中間過ぎた頃からカヤックのスピードが思うように乗らない事に気づいた。

「ハッチ内に浸水してるんじゃ…」

以前FRPで直した箇所があり、そこからか、また違う所からか。

やぼな重量がのしかかる。

GPSで見返すとこの時が最低速度の3キロだった)

 

島の海岸や山肌も見え、島陰に入ったのか風も7〜8mの爆風から5m前後に落ち着き、カヤックのスピードは徐々にペースを上げることができた。

「もうこっちのもんだ!」目をギラつかせ腕を振り上げる。身体は至って調子がいい。

 

遠浅のリーフと外洋との切間に白波が立ち上がっているの見える。出発地点まで距離がまだあることから、地点に向かうまでの途中の海岸へ行こう。外洋の荒れた海ばかりにいると、平和な遠浅のリーフが恋しいもんだ。

 

爆ぜた白波の間を縫い進み西表の海岸に着く。

「やっと西表だ…」

着岸して外に吐き出した足はよろめく千鳥足。

砂浜に寝転び、生きていることの実感と喜びを感じていた。

喜んでキンキンに冷えたビールを飲みたいし、グビグビと喉を鳴らし、渡ってきた海に乾杯したい所だが、あいにくコーヒーとタバコで癒していた。

 

f:id:okantooton:20211120024723j:image
f:id:okantooton:20211120024728j:image

 

漕行距離 61.12キロ

漕行時間 12時間

日没と同時に最初の出発地点に帰ってきた。

 

八重山でのカヤックは落ち着いたと言える。

 

これから先やるかやらないか言い切れない事でもあるけど、カヤックでやろうと思うことがある。

波照間に日帰りで渡った事は、カヤックを通じて新しい挑戦に身の丈が合うようになった。

その内容はもう少し、具体的になってから記事しようと思う。

 

この日は帰ってからのビールが美味かった。

暗くなるのが早くなったきた

残暑とはいえない暑い日が続く…

 

街宵の月

f:id:okantooton:20210923191535j:image

偶然にも月が上がってきた。

午前に仕事終わり海にいた。魚突きに夢中になりすぎ日が沈む中漕いでいたら、近くの大原港近海で月が見え始めた。

月は暗くも大きく見え、凪のような静かな海から平行線にある月を見ていると、自分がまるで地球の表面に浮かぶ宇宙船に乗り込んでいるようだった。

f:id:okantooton:20210923101002j:image

 

次の日、中秋の名月の事は分かっていたから事前準備をして月を撮った。街宵の月とは違う雰囲気。

f:id:okantooton:20210923124448j:image

 

f:id:okantooton:20210925142550j:image

帰ってきて、知り合い達と団子と餅食べながらお月見。ぱくぱく餅を食べ喉を詰まらし、酒で飲み込む駄目な事をした。


f:id:okantooton:20210923124445j:image

 

 

夏が終わる

夜の温度、海の温度が少しづつ冷たさが肌に伝わる。本州はもう長袖だろうか?

 

 

待ち合わせにアジュール舞子公園で座っていた

相手が待ち合わせに遅れていて、時間潰しに明石と淡路島を繋ぐ明石海峡大橋やアジュール舞子の写真を撮っていた

f:id:okantooton:20210905125018j:image

沖縄の太陽のように炙る暑さと湿気とくる熱波もない、舞子の海風と一緒にしっとりした日差しだった

f:id:okantooton:20210905125524j:image釣ったか!?ただの根がかりっぽい…

本州が釣りブームとはつゆ知らず。世間も舞子も釣り人、ファミリー達で賑わっていた。意外にも駐車場の関係かバイクで来る人達が多かった。

後日俺の師匠も釣りをしていたが、カブに物々しい車載で釣りに来ていた。

 

f:id:okantooton:20210905125126j:image日が暮れてく…

 

とかしてたら待ち合わせの人が来て

お土産あげたりプレゼント頂いたり。

ありがとう。

 

沖縄より少し早い日没を過ごし、橋のライトアップを見慣れていたはずの事なのに少しワクワクしていた。

f:id:okantooton:20210905162442j:image

19時になるとレインボーに橋を彩る
f:id:okantooton:20210905162439j:image

20時を過ぎると明かりは消え淡白な輝き一つとなっていった。

 

気づけば帰る日時も近づき

残りの余暇を楽しみ

PCR検査も受けて

八重山に帰ってきた。

 

f:id:okantooton:20210905170059j:image

八重山友人宅のネコちゃーんズ。
f:id:okantooton:20210905170055j:image

 

コロナまっさかりの沖縄と八重山郡

8月も終わり夏の終わりは近づいたけど、まだ少し、八重山の生活が続く。

 

 

ツーリング

 

モンキーに乗り昼出発

175号線を淡々と北上して久しぶりに見る田園風景が続く道のりを走って行った。

兵庫県朝来市生野銀山周辺までショートツーリング。片道100キロぐらい?

道中いつもガソリンを入れるスタンドでガソリンを入れ併設されたゼブンイレブンでセブンコーヒーで一息。

モンキーにハイオク(排気量を上げて圧縮比の関係上)だけど原付ってもあるしガソリンの値段は西表のよう高くないから気にならないのがいい。

(神戸のレギュラーが150〜の金額に対し西表は170円代…。しかもハイオク無い)

 

427号線に変わり新しくもない古くもない建物がまばらに続き、道を進むにつれて畑か家しかなくなっていった。

山に囲まれ広がる空と金色の稲が風に晒されて農作業するおじさんおばさんが土手に座り休憩する姿。流れる時間は雲のよう静かだろう。

ゆっくりバイクを走らせた。

 

道の駅かみにて

f:id:okantooton:20210901000506j:image

f:id:okantooton:20210901000502j:image

親子連れで河原でたくさん遊ぶ姿がほのぼのとする。どー見てもジーンズや靴を履いた子ども達がじゃぶじゃぶ小川を走り、スクール水着の子ども達の姿や、ワンタッチテントの前に紫外線フル対策の最強防備の母ちゃん。夏の田舎のひと時を過ごしている家族達が微笑ましかった。

f:id:okantooton:20210901003126j:image

道の駅入り口、右上にかみ高地と書いているのがじわじわと笑いがくる。

道路を挟んで反対側には神社がある。

f:id:okantooton:20210902002427j:imagef:id:okantooton:20210902174156j:image

杉に囲まれた青玉神社。賽銭箱に小銭を投げ入れ、願い事だらけの俺は何も考えず手だけ合わす。

 

少し、更に北上して青垣峠

ローカルな酷道へと

f:id:okantooton:20210902164028j:imagef:id:okantooton:20210902164052j:image

f:id:okantooton:20210902164216j:image

写真を撮る先の勾配が一気に駆け上がる。次第に道も狭くなる。折り紙を山折りにしたような勾配だ。ミニだからそう感じるのかもしれないけど。。

ビックバイクやデカい車じゃ楽しい道とは言い難いが(勾配がキツくあるのに対向車来たら死亡)

バイクで走るにちょっとワクワクする道だ。

 

写真撮ってたらじゃじゃ振りの雨が降ってきてずぶ濡れになる。

f:id:okantooton:20210902165630p:image山の天気は〜とかよく言うヤツ

ピンポイントで降るな

雨の中進み

ここまで来た本来の目的は美人の湯 黒川温泉に行くことだった。美人目当てにそわそわ。可愛い子いたら…。美人の湯ってんな場所じゃないだろうけど

農道を走り黒川温泉前に着いたら休み。

美人いねーし。

f:id:okantooton:20210902170058j:image

ヘコみながら温泉先にあるダムからのどかな景色を見下ろし、生野銀山周辺だけぐるっと走り戻る事にした

 

f:id:okantooton:20210902170721j:image

 

初めて生野に来た日を思い出した。18才頃?

当時の彼女と一緒に原付2台(写真のモンキーがフルノーマルの時で彼女はトゥデイだった)で行った事がある。その時がバイクでの初めての遠出だった。

とにかく最初っから最後まで道に迷いに迷いまくって、当時はグーグルマップやスマホなんて無く、彼女は地図を持っていたけど地理の教科書にでも挟まってそうな物で俺は日本地図みたいな意味不明なのを。ネタにしか思えないけど、それでも真剣だった。クソ苦労した記憶ばかりだったけど最後にラーメン食って帰り楽しかった。

 

f:id:okantooton:20210902172652j:imagef:id:okantooton:20210902173433j:image

今回はソロでまたラーメン食って帰ったけど

久しぶりにモンキーに乗り楽しくて仕方なかった。

 

神戸滞在ももう少しで終わりの日が近づいた。

俺の誕生日が近づくと同時に。

来年はどこにいるだろう?

神戸に少しだけ

f:id:okantooton:20210830002240j:image

 

実は今

こっそりひょっこり神戸に帰ってる

緊急事態宣言延長の影響で西表の仕事がさっぱり止まったし、こんな時しか帰れないからだ。

墓参りやらと済ませ、コロナ時代もあるし現状帰省の空気的に微妙なことから帰った事をSNSでアップせず基本実家でこっそりひょっこり過ごしいる。

 

西表島から急に都会すぎて、刺激が強すぎる。

久しぶりで懐かしい事も含めいろいろ目まぐるしい。

同じ夏でも、沖縄より日差し強くはないけど無駄に暑いし、結構歩くし。行き交う人の多さから何も誰も知らない人達が沢山すれ違い、派手な街なのに少し寂しくも感じたり。お店も新しいご飯屋さんができてたり、潰れてたり。久しぶりに食う吉野家の牛丼が美味かったり。夜めっちゃ蝉鳴いてるし。駅改札出て先ず迷うし。

当たり前かもしれない事も時間が経ってから来ると忘れていた事や変化の多さに驚く。

 

f:id:okantooton:20210830011037j:image

久しぶりのハーバーランド

この日は一人バイクで来て、お店巡りと買い物しながら、写真も撮っていた。

f:id:okantooton:20210830010527j:image

海を覗くと何が混ざってこんな色になるのだろうかと見つめドブみたいな海に魚が泳いでいた。釣りしている人もいたけど、何が釣れるのだろう?

f:id:okantooton:20210830010523j:image

メリケンパークのマジックアワー 

f:id:okantooton:20210830010520j:image

モンキーもカッコよく撮っておこうと、慣れない夜景撮影とバイクの組み合わせを撮っておく。

f:id:okantooton:20210830010516j:image

構図ネタが乏しいためとりあえず自撮り

 

慣れ親しんだ友人達にも会った。共に若い時間を過ごした、面白いヤツ。最近から昔の話しやらと話題が弾む。そんなアイツは頭に白いものが混じりくたくたのシャツを着ながらも一国一城の主となっていた。落ち着いた顔して「朝がきて夜を迎える。すっかりそんな毎日だ。こんな時期でも会いに来てくれて嬉しい」

西表から気持ち後ろめたさを感じながらも神戸に来たけども、少しの間だけど帰ってきて良かったと思い素直に伝えた。

 

小さな島の小さな世界観からせっかく出ている訳だし、少しの本州の時間を楽しもう。こっそりひょっこりと。

 

さぁモンキーとどこに行こう?

 

 

日帰り石垣島

 

4月初め頃。

初のカヤックリジット艇を所有する事になった。職場仲間でもあり、優しくしてくれている奥様から頂く事に。軒下に10年近くの放置艇だけど、初のリジット艇所有には申し分なかった。

艇はクオリティカヤックス製 サザンスクア

f:id:okantooton:20210709214446j:image

5m以上の大きなカヤックだ。それでも乗り込む際コクピットは狭いしシートは硬いし…。そんなもんだと慣れたら気にならないが。安定感があり乗りやすい。

慣らすのに近場から、20キロ前後の距離を漕ぎある程度荒れた海やらと慣らしていった。

 

西表島南西に位置する鹿川湾にて

f:id:okantooton:20210722161708j:image
f:id:okantooton:20210722161921j:image

南風で打ち上げられたゴミが半端じゃなく多かった…。

海底深く潜った先にもゴミあるし。

 

いつものファルトで長距離を漕行をしてきたが、新しいリジット艇では近場ばかりだった。正直長距離と言っても行く場がなくなってきた訳で、のんびり散歩程度やらと漕いでいた。

 

 

珍しい人からコンタクトを取ってきた。

知り合いのおじさんにお呼び出しをされる。シーカヤックで有名な方だ。オーストリアインドネシア、日本、海を渡った人はシーカヤックする上で身近に漕ぐ人達とは考え方が違っていた。もっぱら最近は、自身が漕ぎ進みたい潜りたい海は一通り終わったようだが…。

その方は50歳手前で、体力的には問題ないけど精神的には40代から下り目となると口にする。

「漫然と一日を生きるより目的を持ってカヤックを漕ぎ生活するといい」

そんな話をきっかけとなり

 

久しぶりに少し、距離を漕いでみたくなり竹富島小浜島の間にある浜島、八重山のツアーじゃまぼろしの島と呼ばれる場所まで漕いで行った。

f:id:okantooton:20210709194633p:image

 

西表から一番近い小浜島を目指す。

何度も漕ぎ進んだ海だから見慣れた景色だった。南風が後ろから押してくる。気楽な感じでパドリング。

小浜島を左側に見過ごしながら、風に多少流される事を計算に浜島へ。

f:id:okantooton:20210722163044j:image

浜島かと思った場所に上陸

「なんか違う。砂浜じゃなかったか…」

大潮だし分かりやすく出てると…

300m先か、砂浜が見え…

「ここはまぼろし…?」

浜島?違うし。笑

 

一応本物にも

f:id:okantooton:20210722163539j:image

 

海に浮かび飯食って

石垣島が近くに見える

悪いムシが身体を動かし

13時だってのに石垣島まで漕いでいった。

竹富島石垣島間はマリンレジャーで船の行き来が多かった。海も荒れておらず平和だった。

f:id:okantooton:20210722163941j:image

14時半フサキ灯台にて

石垣着いて航海、じゃなく後悔。。。

そう今日は日帰り…

 

海で遊ぶ子供達や親と話、コーラで喉を潤して30分も経たないぐらいで西表島に真っ直ぐ漕いでいった。

 

f:id:okantooton:20210722175813j:image

眼下に黄金色に染めあげられた海が広がり、パドルが海を持ち上げパシャンパシャンと静かな音が全てだった。

 

思いつきで行ったには後悔する距離だったと反省。妙に声も掠れ、嘆きながら空を仰ぐ。

焦り、手早く動かすパドル、上半身と踏ん張る足の疲れがキツくなり…。海に一度身体を投げ飛ばした。片手カヤックを掴み、大の字で沖の海を流れる。他人からみたら危うくアレにしか見えないが…。包まれるよう海と一体となっていた。目も閉じてみる、流されながら聞こえる海の音に耳をすまし、気持ち落ち着かせ。。

 

夕刻は静かに夜を迎えようとしていた。

あの仲間崎を過ぎれば住む集落だ…。自分が浮かぶ今は深いのか浅いのかすら分からない。

港と橋の灯りがうっすらと見え一直線に漕ぎ進む。腕も勝手に動く。機械みたい。

f:id:okantooton:20210723190609p:image

帰ってきた時にはクタクタでコクピットから抜け出しすぐ大の字になり横になった。真っ暗な空はため息が溢れるほど満天の星空だった。

 

その日片付けなんて微塵もやらず帰ってビールを飲んだのは言うまでもないか…

 

 

さぁ次はどこに行こう?